試聴

 21, 2012 22:37





昨日 某密林社さんが
Jinのアルバム『JAPONICANA』の
曲を 試聴させてくれました。

今日はもう聴けなくなってますが。

本当は アルバムを手に取るまで
我慢したかったんです。
ですが。。。
一回
ずつだけ
聴かせていただきましたm(__)m
意思の弱い私です。はい。

特に中の4曲。早く全部聴きたい!

RollingStone誌(3月号)より抜粋
【CaliforniaRock】 ベースもバキバキでスネアにもディレイが激しくかかっているのだが JINは流れるように言葉を紡いでいる感じ。プロフェットの客演もいい。  
【That's What She Said】バウンス感がたまらないエレクトロ・チェーン。刺激的なフレーズを羅列していくJINの男くさいヴォーカルに呼応するのはエレクトロ・ポップ界のプリンセス アフィ。彼女もエロい感じで曲を盛り上げる。
【Like You】JINいわくラヴソング。「周りが何を言おうが関係ない。俺たちには届かない。俺らは自分達の愛を育めばいいんだ。」まさに「ゲトー」という感じで 息づかいが伝わるメロウなヴォーカルは必聴だ。
【Set Love Free】「アメリカ人が聴いたら これはアメリカ人じゃないな って気づくアクセントで歌ってる。」曲。メロディアスで親しみやすいポップ・チューン。コーラスのハーモニーに包み込まれるような感覚もある。

専門的なことはよくわかりませんが

とにかく仁さんが大切にしっかりと産み出したこの素晴らしい"娘"を

この手でしっかりと

抱きしめたいと
思います。
 
スポンサーサイト

COMMENT 1

kokochi PC  2012, 02. 21 [Tue] 23:29

タイトルなし

もうきけないんだね。
ぎりぎり昨日間に合ったの(*^_^*)
ちょっとでも聞けてよかった〜ますますアルバムが楽しみになったよ!!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?