歴史

 13, 2012 23:18





ゆとり教育たるものが終わって
なおかつ
週休二日というのはそのままなので

今の小学生

平日みっちり授業で
大変だなぁー と 思う
小学6年生の娘を持つ 母です。

こんばんは。(笑)

小学生の間は

しっかり遊んでほしい主義なので
塾なんて
考えたことないですけど

たまに
質問されると

答えられないんですよねー★

算数も理科も歴史も!!

理数系の旦那は
めったに家にいないので

お父さんに聞きなさい。
と 言うわけにもいかず・・・

こういう場合はやはり

塾なら・・・とか 思っちゃうわけですよ。。。

まぁ娘本人も
塾はイヤだぁ!と言ってるので
なんとか 学校と家だけの宿題で
塾に行かされないように
必死にがんばってます(^-^;

勉強にしろ運動にしろ

確かに社会に出て 
その内のどれだけが
役立ってるかと言えば

んー??

と 首をかしげるくらい
ですよね?(^^;

数学の難しい問題が解けなくても

逆上がりが出来なくても

生きていける。

まったくその通りなんです。


でも

その考え方はキライで。。。

親になって
初めて気付くこともあるんですが。

やっぱり

やっときゃよかった。。。
って 思うこと

あるんですよね。

まさに 後悔 なんです。

だから
子供には
色々やってほしい。
がんばってほしい。って
思うのですが

子供には子供の考えがあって

無理強いするのもよくないし。

自分の子供時代を思い出せば
今の子供たちの方が
厳しい時代を生きているんだなぁ
とも 思うし。。。

こんなこと
考えすぎると
答えなんて 出ないので

普段はあまり考えませんが

これも
子供たちが
元気に育っていっているからこその

悩みなんですよね。

健康で

普通の生活がおくれるからこその
次のステップなんです。 

仁さんが
今まさに 親になろうとしている時

自分にも
そのひとときがあったことを思い出す いい機会なわけです。


元気でいてくれたら
何も言うことない。。

と思っていたあの頃・・(^-^)

しかし

点数の悪いテストを
持って帰ると

・・・・・

また この今日のブログの最初に
逆戻りするのでありました。


チャンチャン♪(笑)
 
スポンサーサイト

COMMENT 1

kokochi PC  2012, 06. 14 [Thu] 21:13

タイトルなし

こんばんは(#^.^#)
分かりすぎるほどわかる・・うん。やっぱり、自分みたいになってほしくないから、今だったらまだ間に合うからと思うと、口うるさくなっちゃうの。でも誰でも強制されるのっていやだよね。余計やりたくなくなっちゃうし。その辺の駆け引きが難しい。

それに本当に、勉強教えてあげられないんだもん(^_^;)難しすぎて、算数ももう、中学のところに入ってるもんね・・・はあ・・・

理想と現実のギャップに、悩まされているww

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?